メッセージ プロフィール ガイダンス LINK インフォメーション トップページ

トピックス2004.6

ドライマウス

ドライマウスとは日本語で口腔乾燥症のことをいいます。広い意味での口腔乾燥症は唾液分泌の低下だけでなく、口が乾いていると自覚する症状すべてを指すことになります。また、狭い意味では、唾液の分泌が低下して口が乾いている症状をさします。

人類は潤いを失ったのか!
最近ペットボトルを持ち歩く人をよく見かけませんか?
清涼飲料水の容器が10年前とくらべて大きくなっているのに気付いていますか?環境や生活習慣の変化による全身の乾燥症状の悪化は全世界的な傾向です。

口腔乾燥症は様々な病気の一症状としてもあらわれ、ウ蝕、歯周病、口臭、摂食嚥下障害の原因となることは言うまでもありません。日本に800万人のドライアイ(乾燥性角結膜炎)患者さんの多くがドライマウス(口腔乾燥性)の症状を持つと言われており、更に欧米の疫学調査では人口の約25%が本症に罹患しているとの報告もあり、これを我が国に換算すると約3000万人の患者さんがいることになります。(ドライマウス研究会HPより引用)
● ドライマウスの主な原因

1)シェーグレン症候群(自己免疫疾患)によるもの
2)唾液腺自体の局所的な疾患によるもの
3)糖尿病、腎疾患などの全身性疾患によるもの
4)薬剤の副作用によるもの
5)加齢によるもの
6)自律神経(副交感神経・交感神経)の原因によるもの
7)ストレスによるもの
8)口呼吸や喫煙、過度のアルコール摂取などによるもの
9)放射線治療の副作用によるもの
10)その他の要因によるもの


降圧剤常用による口腔乾燥からのムシ歯

安定剤常用による口腔乾燥からの義歯の擦過傷
ドライマウスか否かのの診断には、味のないガムをかんで唾液腺(せん)を刺激し、十分後に唾液の量を測る方法が一般的です。普通の人で20cc前後になるが、半分の10ccを切るあたりからドライマウスの症状が出始めます。

●対処方法

1.問診、検査(ガムテスト・シルマーテスト)による本人への情報提供が最も大事
2.内科医との対診による薬のコントロール
3.各種人工唾液、保湿剤の使用
4.キシリトールのガムなどによる機能回復
5.口腔内の刺激(ブラッシング、舌・頬刺激、電気刺激)
6.リコールによるカリエス、ペリオに対する予防の徹底

を行います。

〒140-0001 東京都品川区北品川2-22-10 小林歯科医院
(c)Kobayashi Dental Office Shigeyuki Kobayashi All right Reserved.